キャッシングサービスの強み

お金が必要な時期というのはたいていイベントが重なるときで、これは季節で言えば夏や年末になるでしょう。特に夏に関しては気温が上がりますのでビールの消費が増えますし、飲みに行く機会も増えるのです。そして飲食店の会計というのはたいてい現金払いです。

大手のチェーン店であればカードも使えますが、割り勘の際にはやはり現金の方が都合がいよいので、どうしてもある程度はいつも持っておく必要があります。

しかしイベントや飲み会が重なるとどうしても金欠になりがちですから、こういう時にこそキャッシングサービスが威力を発揮するのです。今のキャッシングサービスの特徴としては、専用のATMはもちろん全国各地にあるコンビニからでもお金を借りられることにあります。それこそ24時間いつでもどこでも必要な額だけを借りることができるわけです。

そして返済の際にもコンビニで入金すればよいですから、一旦審査に通ってキャッシングカードさえ作れば、店舗に一度も行くことなく借り入れから返済までを行うことができます。

やはりこうした地域を問わない強みがキャッシングサービスにはありますから、給料日前のサラリーマンの大きな力になっているのは間違いありません。

銀行系のキャッシングとは

消費者金融が提供するキャッシングの中には、銀行系と呼ばれるものがあります。これは、メガバンクなど銀行の傘下にある業者が提供しているものを指します。

一方、母体である銀行そのものも、キャッシングの商品を提供していることが多いです。中には、銀行と消費者金融が、似たような名前の商品を出しているケースもあります。

しかし、銀行のローンと、子会社である消費者金融のローンは、似て非なるものです。大きな違いの1つとして、総量規制の有無があります。消費者金融のローン商品には総量規制が適用されて、借入総額が年収の3分の1を超えることが出来ません。この総量規制は、たとえ銀行系であっても適用されます。

一方、銀行のローンには総量規制が適用されませんので、年収の3分の1を超える借り入れが可能です。この総量規制の面では銀行系が不利ですが、逆に有利なこともたくさんあります。

その1つに、借入最低額が低いことがあります。親会社になっている銀行のほとんどは、最低額が10万円に設定されています。そのため、小口利用には使いづらいです。

一方、子会社の消費者金融では、ほとんどが最低1万円から利用可能になっています。そのため、数万円程度の小口利用ならば、銀行よりもはるかに便利です。

キャッシングの利用時間

キャッシングサービスというものは、申し込みにしても、借り入れ、返済にしても昔ならばキャッシング会社の店頭に言って手続きをしなければなりませんでした。

しかし、現在の日本においては、インターネットの普及もあって、キャッシングサービスに関するすべてのことがインターネット上でできるようになっていきました。返済はもちろんのこと、借り入れの手続きまで、ネットバンキングなどが別に口座があれば、すべて自由に行うことができるようになったのです。

インターネット上での借り入れ申し込みの大きなメリットとしては、24時間いつでも審査を申し込めるということです。これはインターネットのできる環境が整っている人だけに限られていることになるのですが、現在の日本においてはインターネット環境が非常に整っているので、その点に関しては問題はないでしょう。

実際に、キャッシング会社の中ではインターネットでの手続きが主流になってきつつあり、従来にキャッシングサービスであった郵送などの面倒な手続きも省略ができるようになりました。

現在のキャッシングサービスでは返済の手続きのように借り入れの手続きやその他のことなどもすべてインターネットでの手続きで完了させることができます。